Notes NSFファイルのデータをcsvファイルに変換してみた!

こんにちは、ADX技術開発Labです!
今回は、Notes NSFファイル内のデータを取得し、csvファイルへ出力してみました。Salesforce上でのAPEX開発ではなく、Salesforceの外での開発となります。

Notes NSFファイルとは?

Notesは、HCL Technologies社が開発・販売しているグループウェアであり、電子メール、電子掲示板、データベース、スケジュール管理などの機能を持っています。
しかし、ビジネススタイルの変化により、他のシステムへ移行するユーザが増えています。

CSVへ出力してみよう!

今回、Notesから他システムへの移行を想定して、NotesのデータベースであるNSFファイルからデータを抽出し、csvファイルへの出力を行いました。Salesforceの構築では、Notesのデータを移行するという要件がありますので!!
※NSFファイルとは、Notes Storage Facility(NSF)形式でデータを格納するデータベースファイルです。そのため、テキストエディタなどでは参照できません。

https://crm.adxc.co.jp/wp-content/themes/force_tcd078/img/common/no_avatar.png

csvファイルの形式に変換できれば、後はSalesforceのオブジェクトなどへ簡単にインポートできますよね。

NSFファイルからcsvファイルへの変換の流れ

NSFファイル(データベース)へアクセスするライブラリを準備し、そのライブラリをコールするプログラムをPowershellで作成しました。

Powershellプログラムの流れ
セッション初期化

データベース(NSFファイル)に接続

データベースから全データを取得

取得したデータから「項目名」と「項目値」を抽出

抽出した「項目名」と「項目値」をcsvファイルへ出力

PowerShellで作成したプログラムを実行し、Contactsのレコードを抽出してみました。以下が出力してみたCSVファイルです。

出力したcsvファイル

https://crm.adxc.co.jp/wp-content/themes/force_tcd078/img/common/no_avatar.png

実際にやってみて、割と簡単にデータを抽出できました。実施した手法ではNotesのデータ型や項目名を意識する必要がないため汎用的に利用できると思います。

弊社にはSalesforceのスペシャリストが多数在籍しております。
何かお困りごとがございましたら、下記ボタンからお気軽にご相談くださいませ。
お問い合わせはこちら

Pardotを使いこなす

Pardotの機能だけで画像のような使いやすさを実現。ADX Consultingならデフォルトで使いずらいフォームもこんなにきれいに。

お問い合わせはこちら
技術開発Lab

技術開発Lab

創造をリアルに!開発技術を極めるエンジニア集団

新着記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

Search

PAGE TOP