SalesforceからStripeの決済を呼び出してみた!

こんにちは、ADX技術開発Labです!
今回はSalesforceからStripeという決済サービスを呼び出す実験をしてみました。

そもそもStripeって何?

Stripeは、米国に本社を置くStripe社が提供するオンライン決済サービスであり、入金を行うシステムに向けた決済サービスAPIを提供しています。本APIを利用すれば、さまざまなシステムからStripeへ連携して決済サービスを利用できます。
今回は、SalesforceのExperienceCloudからこのAPIを呼び出して決済を行う環境を構築してみましたので、どんな流れになっているのかご紹介します。

Stripe連携の流れ

ExperienceCloudの画面で決済情報(商品名と金額)を入力して、「支払い」ボタンを押下します。

Stripeの決済サービス画面が表示されます。入力した商品名と金額が正しいことを確認して、カード情報を入力し、「支払う」ボタンを押下します。

処理中になります。

しばらく待つと、支払い処理が正常に完了します。

支払い処理完了後、元のExperienceCloudの画面に自動遷移します。

Salesforceプラットフォーム側の画面で取引先責任者の画面を表示します。
すると、関連リスト「支払い履歴」に追加され、先程の支払い情報を確認できます。

実際にやってみて

連携には結構時間かかるかなと思ってたんですが、意外とあっさり簡単に実装できました。他にもいろいろできそうなので、もっと深掘りしてみたいですね。

最後に、弊社にはSalesforceのスペシャリストが多数在籍しております。
何かお困りごとがございましたら、下記ボタンからお気軽にご相談くださいませ。
お問い合わせはこちら

Pardotを使いこなす

Pardotの機能だけで画像のような使いやすさを実現。ADX Consultingならデフォルトで使いずらいフォームもこんなにきれいに。

お問い合わせはこちら
技術開発Lab

技術開発Lab

創造をリアルに!開発技術を極めるエンジニア集団

新着記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

Search

PAGE TOP